Amazon.co.jp ウィジェット

2017年02月17日

3月3日発売|決断科学のすすめ



決断科学のすすめ
持続可能な未来に向けて、どうすれば社会を変えられるか?


矢原徹一/編
四六判 384ページ 定価(本体2,400円+税) 2017年3月3日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

社会的リーダーが身につけておくべき「決断科学」とは?
「俯瞰力と独創力を備え広く産官学にわたりグローバルに活躍するためのリーダー」の育成を目標に掲げる九州大学「持続可能な社会を拓く決断科学大学院プログラム」から生まれた、リーダーとリーダーを目指す若者、そしてかれらをサポートする人たちのための統合科学を紹介する、初めての本。
posted by 文一WEB担 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 生態学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月開催の書店フェア・著者イベント

2月開催の書店フェア・著者イベントをご紹介します。詳しい内容については、リンク先または該当先へ直接お問い合わせください。



栃 木
「鳥の名は。」フェア
鳥の書籍を集めたフェア。文一総合出版刊行の雑誌BIRDER(バーダー)や野鳥図鑑などが陳列。

期 間 開催中〜2017年2月末
場 所 喜久屋書店宇都宮店(栃木県宇都宮市馬場通り2-3-12)
    MEGAドン・キホーテ ラパーク宇都宮店6F



神奈川
ウメハンドブック出版記念・ガイドツアー&講習会
ウメハンドブック著者、大坪孝之先生(日本梅の会会長)のガイドツアー&講習会。
詳細はこちら

日 時 2017年2月19日(日)
場 所 小田原フラワーガーデン(神奈川県小田原市久野3798-5)

日本梅の会会長・大坪孝之先生による梅林ガイドツアー
時 間 10:30〜12:00
参加費 無料 
定 員 先着30名 当日受付 ※雨天中止

日本梅の会会長・大坪孝之先生による梅の育て方講習会
時 間 13:30〜15:00
参加費 無料 
定 員 先着30名 当日受付

日本梅の会会長・大坪孝之先生のサイン会・園芸相談
時 間 15:00〜15:30
参加費 無料 
定 員 先着30名 当日受付



カメラと写真のワールドプレミアショー CP+2017
オフィシャルページはこちら

期 間 2017年2月23日(木)〜26日(日)
時 間 10:00〜18:00(最終日のみ17:00)
    ※23日(木)10:00〜12:00はプレスタイム
    (特別招待者・プレス関係者・プレスタイム招待券持参者のみ)
会 場 パシフィコ横浜(展示ホール、アネックスホール、会議センター)
    BankART Studio NYK
入場料 1,500円(税込)(ウェブ事前登録で無料)

文一総合出版より写真集を刊行された写真家、米 美知子さん(キヤノンブース)や、雑誌BIRDER(バーダー)誌でも活躍中の写真家、戸塚 学さん(キヤノンブース)、中野耕誌さん(ニコン、オリンパスブース)のトークショーなどが開催されます。スケジュールは各オフィシャルページでご確認ください。



愛 知
2017年新春!酉年フェア
鳥類の本を集めたフェア。文一総合出版のハンドブックや図鑑も多数。図鑑のほか、鳥の生態がわかる読み物や、美しい鳥、愛らしい鳥の姿を収めた写真集も展示。

期間 開催中〜2017年2月28日
会場 ジュンク堂 ロフト名古屋店
   愛知県名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパーク7F
   理工書棚番号10番フェアコーナー



大 阪
BIRDERバックナンバーフェア

期間 開催中〜2017年3月末
会場 ジュンク堂書店難波店
   大阪府大阪市浪速区湊町1-2-3 マルイト難波ビル3F



愛 媛
BIRDERバックナンバーフェア

期間 開催中〜2017年2月中旬
会場 ジュンク堂書店松山店
   愛媛県松山市千舟町5-7-1 エスパス松山ビル


posted by 文一WEB担 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

2月20日発売|解説 電気設備の技術基準 第17版



解説 電気設備の技術基準

第17版 最終改正:平成28年9月 省令・解釈改正

経済産業省 商務流通保安グループ/編
A5判 1,080ページ 定価(本体2,400円+税) 2017年2月20日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

立案当局の担当者による詳細な解説本。第16版発行後の解釈及び省令の改正(平成28年9月の省令・解釈改正まで)を盛り込んだ最新版。電気設備に関する技術基準に直接関係のある事項に重点をおき、その他の事項については詳説をさけて簡明を期するとともに、なるべく表および図を多く用いて理解の便を図った。電気法規の理解については、この解説書では逐条について、基準の制定の意義や目的を説明し、また関連ある他の条文についても言及。
posted by 文一WEB担 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 実用書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする