Amazon.co.jp ウィジェット

2016年08月25日

9月5日発売|タカ・ハヤブサ類飛翔ハンドブック



タカ・ハヤブサ類飛翔ハンドブック


山形則男/著
新書判 96ページ 定価(本体1,400円+税) 9月5日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

タカの渡り観察愛好者のバイブル「ワシタカ類飛翔ハンドブック」が、鳥の新しい分類に対応してリニューアル。飛翔写真を豊富に揃え、観察しながら見比べられる使い勝手の良さはそのままに、新しい写真を80点以上も追加して情報量がさらに増加。飛んでいるタカの種類だけでなく、雌雄や年齢までわかる、コンパクトながら充実のタカ図鑑。

サンプル見本
準備中。
posted by 文一WEB担 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

8月8日発売|鳴く虫ハンドブック



鳴く虫ハンドブック

コオロギ・キリギリスの仲間

奥山風太郎/著
新書判 108ページ 定価(本体1,400円+税) 8月8日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

コオロギやキリギリス、スズムシをはじめとした鳴く虫(バッタの仲間)のハンディ図鑑。北海道から沖縄まで全国各地で見られる身近な鳴く虫を約70種収録。成虫だけでなく幼虫の写真も多数掲載しているので、野外での識別に役立つ。野外で見つけた「鳴く虫」その名前がわかる一冊。

サンプル見本
鳴く虫1.png
鳴く虫2.png
posted by 文一WEB担 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月8日発売|鷹狩りの書



鷹狩りの書
鳥の本性と猛禽の馴らし


フリードリッヒ二世/著 吉越英之/訳
四六判 上製 344頁 定価(本体2,800円+税) 2016年8月8日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

13世紀半ばの神聖ローマ皇帝フリードリッヒ二世自らがが著した原題「鳥による狩りの技術について」の訳書。鷹狩りに使うタカの習性、捕獲方法、飼育・狩猟技術のほか、狩猟対象となる他の鳥の習性なども驚くほど詳細に記述。

キリスト教の教義に支配されていた当時のヨーロッパでは希有な科学的視点に立った記述がなされており、「狩猟の教本」でありながら、記述には近代以降の鳥類学によって実証された知見も数多くみられる。

著者はローマ教皇と対立、破門にされた人物であり、長らく著書は禁書とされ封印、世に出ることはなかった。

サンプル見本
鷹狩り.png
鷹狩り2.png
posted by 文一WEB担 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 生態学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする