Amazon.co.jp ウィジェット

2017年06月06日

バッタハンドブック



バッタハンドブック


槐 真史/著
新書判 160ページ 定価(本体1,800円+税) 2017年6月28日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

本州〜九州に分布するバッタ上科(バッタやイナゴ)の分類や生態を、文献や観察例を交えて紹介。トノサマバッタなど主要な種では幼虫期を若齢から解説。特徴を追いながら成虫や幼虫を識別できる絵解き検索も掲載した。

この本の特長
・バッタ亜目(全長に対して触角が太短い)のうち、本州〜九州に分布するバッタ上科(トノサマバッタやイナゴ、ショウリョウバッタ、オンブバッタなど、バッタ科+オンブバッタ科)の形態や生態を解説。
・本州〜九州で見られる主要の20種を掲載。身近なバッタはほぼ網羅。
・成虫は体色・形態、大きさ、生息環境、初見/終見日、分布、食性、発音、生態、RDBランク(RDB:レッドデータブック:絶滅のおそれのある野生生物の情報をとりまとめた本)を、幼虫は体色・形態、幼虫の期間、大きさ、食性、脱皮回数を解説。
・1種に付き、体色のバリエーションや正面、横向き、後翅の様子などさまざまなカットの写真を掲載。幼虫は若齢からの成長過程の写真を全種で掲載。
・生態写真ではバッタの採食や繁殖だけでなく、日光浴やねぐら、捕食されるシーンといった珍しい場面の撮影にも成功。バッタの暮らしぶりがよくわかる。
・バッタの形態を辿りながら種類を識別する「絵解き検索」を成虫、幼虫ともに掲載。
・バッタの鳴き声をインターネット(Youtube)を活用して聞くことができる。
・某テレビ番組でも紹介された「バッタ釣り」や、北海道や沖縄島のバッタなどをコラムで解説。
・日本でも発生するんです! 「蝗害(こうがい:相変異を起こすバッタ類の大量発生による災害のこと)」について、著者が現場の北海道まで取材に行ったルポを掲載。

サンプル見本
バッタ2.png
バッタ1.png
posted by 文一WEB担 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする