著者紹介:日本のトンボ[朝日新聞]

本日発行の朝日新聞に文一総合出版の「日本のトンボ」の著者の一人である二橋亮さんが「赤とんぼ 実はナゾだらけ」の記事で紹介されています。

朝日新聞:朝刊19面(2012年9月27日) 19面【〈探究人〉赤トンボ 実はナゾだらけ】
二橋亮さん(産業技術総合研究所研究員)
日本人にとってなじみ深い「赤トンボ」。メスや未成熟なオスは体が黄色っぽいが、成熟したオスは鮮やかな赤色になる。その発色が、キサントマチンなどの色素の還元反応によって起こることを突き止めた。

続きは朝日新聞紙面のほか、朝日新聞デジタル版でもご購読いただけます。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック