Amazon.co.jp ウィジェット

2017年04月14日

5月9日発売|危険生物ファーストエイドハンドブック 陸編



危険生物ファーストエイドハンドブック
陸 編


NPO法人 武蔵野自然塾/編
新書判 128ページ 定価(本体1,600円+税) 2017年5月9日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

野外で危険な生物に出会い、被害に遭ったときに最初にすべき対処法 “ファーストエイド”に着目。予防法も含めた被害を軽減するノウハウをまとめた。陸編ではスズメバチやウルシなど、動植物約120種を収録、傷痕からの検索や緊急時に役立つ道具の紹介、実際に被害に遭ったときの実例も挙げて、安全な野外活動をサポートする。



主な内容
・掲載種は動植物合わせて約120種。毎年刺傷被害がニュースになるスズメバチ類や、身近な公園などにもいるチャドクガなどのドクガ類、触るとひどくかぶれるウルシの仲間や毒ヘビ、クマなど、陸上で出会う可能性の高い危険生物を多数収録。
・各ページでは種類の識別に役立つ生態写真を掲載。対処法は被害を受けたときにまず着手する「ファーストエイド」、被害に遭わないために心がける「ゼロエイド(予防)」、専門的な治療や毒が作用する原理などを解説する「セカンドエイド」の3段階で紹介し、野外で必要な情報にすばやくアクセスできるように構成。
・被害に遭わないための服装の紹介や被害に遭ったときに役立つ道具一覧、傷痕の様子から危険生物を判別するために識別表、「市街地/河川・河原/森林/農地・ため池」といった環境ごとに注意すべきところの解説など、危険生物への対処全般に役立つ情報を前付に収録。
・後付では被害の報告が多いスズメバチやマダニ、マムシ、ウルシなど7つの被害実例を紹介。実際にどんな状況で被害に遭ったのが、どのように対処したのか、どうすれば被害を防げたのか具体的に解説した。そのほかに野外救急について学べる講習会の紹介や被害に関する相談先など、さまざまな情報をまとめた。
・フィールドワーカーに限らず、外遊びをする子どものいる親や学校など、全ての野外活動の場面で役立つ内容で構成した。第1(first)に、より早く(fast)対応すべきことがわかる。事前に読んで対象法を学んだり、被害に遭ったときに落ち着いて行動できるようにするための本。

サンプル見本
危険生物1.png
危険生物2.png
危険生物3.png
posted by 文一WEB担 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449012535

この記事へのトラックバック