Amazon.co.jp ウィジェット

2008年07月18日

日本のクワガタムシハンドブック



日本のクワガタムシハンドブック

横川忠司/文・写真
新書判 80ページ 定価(本体1,400円+税) 2008年7月18日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

日本のクワガタムシのすべてが分かる。コンパクトな最強図鑑
日本産クワガタムシ37種すべてを掲載。ノコギリクワガタなど身近な20種は大きな標本写真で特徴を分かりやすく示し、識別の難しい雄の小型個体や雌ももう迷いません。形態だけでなく、習性や行動も解説します。また話題の新種タカネコルリクワガタは他書にない情報量。採集や飼育についても紹介し、この1冊でクワガタムシのすべてを楽しめます。夏と言えばクワガタムシ、子供から大人まで必携です。

サンプル見本
im0185-1.png
im0185-2.png


続きを読む
posted by 文一WEB担 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

新訂 ワシタカ類飛翔ハンドブック



新訂 ワシタカ類飛翔ハンドブック

山形則男/著
新書判 80ページ
定価(本体1,400円+税) 2008年9月13日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う


タカ類の雄、雌、幼鳥だけでなく換羽中の第1回冬羽や、第2回夏羽などの若鳥もできるだけ扱った。また、暗色型、淡色型などのタイプ別、大陸で繁殖して秋冬に日本に渡ってくる種、国内でも繁殖しているが、大陸から渡ってくる日本産とは異なるタイプの種も収録。写真には観察ポイントも記載し、成鳥、幼鳥、雄、雌、タイプ別など多くの写真を掲載。全体の写真点数を70点から125点へと増やした改訂版。

目次
・各部の名称・用語解説
・飛翔中のタカを見分けるにはどうしたらよいか?
・掲載種 ミサゴ/ハチクマ/トビ/オジロワシ/オオワシ/ハイタカ属の見分け方/オオタカ/アカハラダカ/ツミ/ハイタカ/ケアシノスリ/オオノスリ/ノスリ/サシバ/クマタカ/カラフトワシ/イヌワシ/カタシロワシ/クロハゲワシ/カンムリワシ/ハイイロチュウヒ/チュウヒ/マダラチュウヒ/シロハヤブサ/ハヤブサ/チゴハヤブサ/アカアシチョウゲンボウ/コチョウゲンボウ/チョウゲンボウ

続きを読む
posted by 文一WEB担 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

紅葉ハンドブック




紅葉(こうよう)ハンドブック


林 将之/著
新書判 80ページ
定価(本体1,200円+税) 2008年9月20日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う


この赤い葉っぱは何?
モミジ、カエデ、ウルシ、ツタ…。美しく紅葉する木はたくさんありますが、正確な名前はなかなか分からないものです。本書は、カエデ科24種をはじめ、高山の木から紅葉名所、身近な野山や公園の木まで、鮮やかに紅葉する樹木121種を紹介した紅葉図鑑。紅葉した葉を直接スキャナーで撮影したリアルな画像を用い、どの木が何色に紅葉するかを解説しています。
また、葉1枚からでも名前が調べられるように、赤、橙、黄の色別に葉一覧表を備えています。秋のもみじ狩りやハイキング、公園散歩、庭木選定に最適。

続きを読む
posted by 文一WEB担 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

野鳥の羽ハンドブック



野鳥の羽ハンドブック


高田 勝・叶内拓哉/著
新書判 96ページ 定価(本体1,400円+税) 2008年10月8日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

野外で特に目に付く機会の多いと思われる77種の野鳥の羽を収録。それぞれ特徴的な羽を3〜7枚選び、特記事項を明記している。また、翼の風切(初列・次列・三列)と尾羽は、測定表も掲載。

サンプル見本
羽1.png
羽2.png
posted by 文一WEB担 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

昆虫の集まる花ハンドブック



昆虫の集まる花ハンドブック

田中 肇/著
新書判 80ページ
定価(本体1,200円+税) 2009年3月23日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

昆虫により花粉が運ばれる虫媒花を中心に、少数の鳥媒花を含む142種の花を選びその受粉方法を紹介。花と虫の“つながり”に注目することで、フラワーウォッチングがさらに楽しくなる一冊。

目次
本書の特色/凡例

観察する・推理する
・昆虫の観察/花の観察/考える

・紫〜赤紫の花/黄色の花/淡紅〜赤〜橙赤の花/白色の花
・緑〜褐色の花/青〜青紫の花/黒・その他の花
・種名索引/あとがき・参考文献

続きを読む
posted by 文一WEB担 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする