Amazon.co.jp ウィジェット

2012年10月10日

書評掲載:外来鳥ハンドブック

月刊GARRRV(カルヴィ)に、外来鳥ハンドブックが紹介されました。

アウトドア&RVマガジン月刊GARRRV(カルヴィ):2012年11月号 P129 GARRRV Choice BOOK
気になっていた鳥が見つかる?
日本で繁殖した記録のある外来鳥61種を掲載。一般の鳥類図鑑には載っていない外来鳥までも解説している。野山で見かけるけれど、図鑑には載っていなかったという鳥も、きっと見つけられる。
posted by 文一WEB担 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

書評掲載:日本の地形・地質

測量に、列島自然めぐり 日本の地形・地質 見てみたい大地の風景116が紹介されました。

THE JOURNAL OF SURVEY〜地理空間情報の科学と技術 測量(2012年10月号 Vol.62 No.10):Survey Library サーベイ・ライブラリー P47
 “写真が全てを語っている”本書を最初に手にした時の実感である。これまでに見たことのある地形・地質の専門書では記載の説明を容易にするために写真や図版が載せられていたことが多かったように思う。それに比べて、本書は読者の見る側の視点を意識して作られているのがよい。複雑な地形や特殊な地質も見る側の眼を意識して撮影された写真には、まるでその場に立っているような臨場感さえある。
 自然風景を専門にしているプロ写真家えあるとともに自然環境への造詣の深さを見事な写真から窺い知ることができる。そして、地形・地質の専門家による平易に書かれた観察ポイントでなお一層理解度が増す。
 本書は日本列島を代表する116カ所の大地の風景が550点もの写真として載せられた、まさに写真図鑑である。北海道から沖縄まで、さまざまな営力で造り上げられた日本の地形や地質が美しい景観として楽しむことができる。さらに、アクセスや問い合わせ先が記され、加えて季節的に植相が変化する個所には撮影日を記している点など、きめが細かい。
 まずは、何気なくパラパラとページをめくりながら興味を引くところから楽しく読んでいただきたい。是非、お勧めしたい一冊である。
(瀬戸島政博)
posted by 文一WEB担 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書評掲載:身近な妖怪ハンドブック

日本農業新聞に、文一総合出版の「身近な妖怪ハンドブック」が紹介されました。

日本農業新聞:ぽぽる(2012年9月29日発行 8面)
 妖怪なんて想像上のものだと思っている人には、ちょっとした事件です。妖怪だって生きものでしょ、といわんばかりに「理科系の目」で分類し、紹介しています。
 たとえばカッパは水神河童目の類人スッポン科に属する生きもので、日本各地の川や沼にすみ、見られるのは春から秋にかけて。幼児程度の体長で、体の色は緑……という具合に記されて、もちろん図解付き。全部で200種近く収録され、これさえあれば、いつ出会ってもばっちり分かります。もっと前に出ていたら、昔の人も喜んだかもね。
posted by 文一WEB担 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

著者紹介:日本のトンボ[朝日新聞]

本日発行の朝日新聞に文一総合出版の「日本のトンボ」の著者の一人である二橋亮さんが「赤とんぼ 実はナゾだらけ」の記事で紹介されています。

朝日新聞:朝刊19面(2012年9月27日) 19面【〈探究人〉赤トンボ 実はナゾだらけ】
二橋亮さん(産業技術総合研究所研究員)
日本人にとってなじみ深い「赤トンボ」。メスや未成熟なオスは体が黄色っぽいが、成熟したオスは鮮やかな赤色になる。その発色が、キサントマチンなどの色素の還元反応によって起こることを突き止めた。

続きは朝日新聞紙面のほか、朝日新聞デジタル版でもご購読いただけます。
posted by 文一WEB担 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

書評紹介:鳥の足型・足跡ハンドブック[上野経済新聞]

上野経済新聞ホームページに、文一総合出版の「鳥の足型・足跡ハンドブック」が紹介されました。

上野経済新聞ホームページ:ヘッドラインニュース(2012年9月25日)【元上野動物園長、鳥の足型本を出版−原寸大で318種掲載】
 上野動物園の元園長・小宮輝之さんによる「鳥の足型・足跡ハンドブック」(文一総合出版)が7月、出版された。
 ツバメやカモメ、ドバトなどの身近な鳥から、トキやオオワシ、ライチョウ、コアホウドリなどの絶滅危惧種や天然記念物まで、日本で見ることができる318種に及ぶ鳥類の足型・足跡を全て原寸大で掲載した。多摩動物園の飼育係である杉田平三さんとともに執筆した。
続きは上野経済新聞ホームページをご覧下さい。
posted by 文一WEB担 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする