Amazon.co.jp ウィジェット

2018年05月25日

7月2日発売|テントウムシハンドブック

8158-0LS.jpg

テントウムシハンドブック

阪本優介/著
新書判 88ページ 定価(本体1,400円+税)
2018年7月2日全国発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

日本に生息するテントウムシ115種の識別図鑑。深度合成写真に識別ポイントを簡潔に記し、種によっては卵や幼虫、蛹、斑紋のバリエーションも紹介。識別の難しいヒメテントウ類は交尾器の比較イラストも掲載。採集や観察のコツなどテントウムシが丸ごとわかる本。

この本の特長
・日本で見られるテントウムシ約180種のうち、115種を収録した識別図鑑。
・深度合成写真に識別ポイントを簡潔に明記したので、フィールドで使いやすい。
・斑紋のバリエーションや、卵や幼虫、蛹の写真も可能な限り掲載。
・解説では、分布や大きさ(実物大も掲載)、見られる時期、見つかる場所などの基本情報を掲載。
・特に識別が難しいとされるヒメテントウ族の仲間については、交尾器の解剖図も収録。
・テントウムシの見つけ方のほか、面白い生態やマニアックな話題豊富なコラムの充実。


サンプル見本ページ
posted by 文一WEB担 at 12:07| Comment(0) | ハンドブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

6月14日発売|新しい植物分類体系−APGで見る日本の植物

APG.jpg

新しい植物分類体系
APGで見る日本の植物

伊藤元己・井鷺裕司/著
A5判 176ページ 定価(本体2,400円+税)
2018年6月14日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

もうカエデはカエデ科ではない?! ヤドリギはヤドリギ科じゃない?!
21世紀に入ってから出版された図鑑に採用され、熱心な野生植物ファンをまどわせている「APG分類体系」っていったい何? なぜこんなことになったのか、どんなふうに変わったのか? 分類学、系統学の専門家がすっきり解説。巻末には便利な新旧対照表を収録。

APG = Angiosperm Phylogeny Group = 被子植物系統グループ/被子植物系統作成グループ

この分類を実行する植物学者の団体。この分類は特に命名されておらず、「APG体系」や「APG分類体系」などと呼ばれる。

この本の特長を詳しく
posted by 文一WEB担 at 17:53| Comment(0) | 専門書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

文一総合出版Webマガジン「BuNa(ブナ)」のお知らせ

文一総合出版はWebマガジン「BuNa(ブナ)」を4月25日にオープンいたしました。このWEBマガジンでは、生きものや自然にまつわる書籍や雑誌を発行してきた文一総合出版ならではの目線で、生きものたちの不思議な生態や進化のヒミツ、観察方法まで、役立つ情報を無料で発信中です。



2018年5月28日(月)に環境省より報道発表のあった対馬に生息するカワウソの話も、わかりやすく解説しています。
 ・結局、対馬のカワウソってなにものだったの?

このほか、生物の記事を満載しております。ご興味あるみなさま、ぜひ一度ご覧ください。

posted by 文一WEB担 at 18:53| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

5〜6月開催の書店フェア

5〜6月開催の書店フェアをご紹介します。詳しい内容はリンク先または該当先へ直接お問い合わせください。



北海道
春フェア

期 間 開催中〜2018年5月末
場 所 MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店
    北海道札幌市中央区南1条西1-8-2 丸井今井南館地下1F

終了しました



文一総合出版ハンドブックフェア
文一総合出版のハンドブックシリーズを多数お求めいただけるフェア。イモムシ宣伝部のコスズメ部長も販促活動中。

期 間 開催中〜2018年6月中旬
場 所 北海道大学生協クラーク店
    北海道札幌市北区北八条西7丁目 北大生協会館2F
詳 細 北海道大学生協クラーク店



ブンイチハンドブックフェア
文一総合出版のハンドブックシリーズを集めたフェア。購入者には特典としてポストカードをプレゼント。

期 間 開催中〜2018年6月1日(金)
場 所 酪農学園生協書籍店
    北海道江別市文京台緑町569-47
詳 細 酪農学園生協

終了しました

フェア・イベント情報つづき
posted by 文一WEB担 at 14:35| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

高尾山全植物−草・木・シダ1500種

8510-6LS.jpg

高尾山全植物
草・木・シダ1500種

山田隆彦/著
新書判 280ページ 定価(本体2,300円+税)
2018年5月30日全国発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

高尾山で見られる植物約1500種すべてがわかる。科の和名の五十音順に配列し、各種を2点の写真と見分けのヒントとなる要点解説で1ページ6種ずつ紹介。リスト表示化によりフィールドでの調べやすさを追求。植物観察コースガイド、科の検索図付き。

文一総合出版ホームページよりご予約・ご注文いただいたかた先着で、オリジナルポストカード(4枚1セット)をプレゼント!

高尾山PC3.jpg


この本の特長を詳しく
posted by 文一WEB担 at 18:36| Comment(0) | 図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする