書評掲載:イモムシハンドブック②

北海道新聞に、イモムシハンドブック②が紹介されました。

北海道新聞:2012年10月14日 朝刊13面 現代読書ナビ「灯」 環境
人間の能力の限界を知り、自然に則した生き方を 内山 節
 最近、「イモムシハンドブック」という本が売れているという話を聞いていた。4月には、「その2」もでている。普通の感覚では、あまり気持ちのいい本ではない。イモムシやら毛虫やらが極彩色の写真で掲載されているミニ図鑑で、身近な生き物を知ろう、という本でもあるのだが、どのページもイモムシだらけである。ところがみていると、イモムシが強い生命力をもって巧みに生きていることが感じられてきて、感動さえ覚えてしまう。
 本屋に行くと、以前とは違うタイプの鳥の本や虫の本、動物の本などが多数刊行されていることに気がつく。共通しているのは、生き物たちの優れた能力への感嘆である。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック