ポケット図鑑 日本の昆虫1400 ②トンボ・コウチュウ・ハチ

8303-4LS.jpg

ポケット図鑑
日本の昆虫1400
②トンボ・コウチュウ・ハチ

槐 真史/編 伊丹市昆虫館/監修
A6判(文庫判) 320ページ
定価(本体1,200円+税)
2013年5月20日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

ポケット図鑑 日本の昆虫1400
①チョウ・バッタ・セミはこちら

Amazon.co.jpランキング・昆虫学部門第1位獲得書籍(2013年5月現在)
野外でよく見る種を中心に、日本の昆虫約1400種を掲載。写真の大半は生きた昆虫を撮影した白バック写真で、今にも動き出しそうな迫力と共に、生時の色や姿がよく分かる。観察に役立つ検索なども豊富に収録し、昆虫に初めて興味を持った子どもから、ある程度知識のある人まで、幅広い層を満足させられる図鑑。

サンプル見本
8303-4_146-147L.jpg

8303-4_268-269L.jpg


この本の特色
・②トンボ・コウチュウ・ハチには660種を収録。①チョウ・バッタ・セミには731種と併せて約1400種の昆虫がわかる。
・掲載写真は生きた昆虫をそのまま撮影した、迫力ある「白バック写真」を採用。昆虫の生きているときの色や姿が忠実にわかる。
・部分写真や線画を使った識別点のピックアップ解説のほか、セミやトンボ、クワガタムシなど人気の高い昆虫では、特徴をたどりながら識別できる「絵解き検索」を多数掲載。


購入者特典
本書をご購入いただいた方は、専用の器械(声が聞こえる!ペン/別売)や、文一総合出版ホームページで60種あまりのセミやコオロギ類の鳴き声を聞くことができます。

書 評
月刊むし 2013年9月号(No.511) 今月の本
 ユニークな視点のポケット図鑑の登場である。虫の図鑑には展翅・展足された標本が掲載されるのが常であるが、この図鑑は生きている静止状態の姿を掲載しているのが特徴で、最大のセールスポイントとしてあげられる。よくこれだけ多くの種につき、フレッシュな生態状態の画像を集められたものだと感心する。とくに蛾などでは制止した姿と展翅標本では、印象がまったく異なり、フィールドで使う図鑑としては本書はきわめて実用性が高い。
 全2巻で1400種の昆虫を扱っている。膨大な種類数を誇る昆虫のなかからどの種を選んで掲載するかは、ページ数に制限のある図鑑づくりの際の悩ましい問題であるが、この2巻を見渡すと、概ね適切な選択が行われていることがわかる。自分の趣味のある分類群では「なぜ、あの種が出ていないの?」と物足りなさを感じる部分もないではないが、それは全体のバランスを考えると仕方がないことであろう。ポケット図鑑でありながら、近似種との見分け方や役立つコラムも適宜掲載され、配慮が行き届いている。さらにうれしいのは、これだけの内容を盛り込んであるにもかかわらず安価であること。誰にでもお薦めできる図鑑で、虫好きを増やすのに貢献するところ大であろう。今年の夏休みは、日本各地でこの図鑑が活用されたに違いない。(谷角素彦)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック