3月6日発売|原種の花たち2 青いケシ メコノプシス

7230-4obiLS.jpg

原種の花たち2
青いケシ メコノプシス

冨山 稔/著
四六判 128ページ 定価(本体1,800円+税)
2020年3月6日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

“天空の幻の花”とも呼ばれる青いケシ、メコノプシス47種類を紹介した写真図鑑。中国・ヒマラヤなど、標高4,000メートルの高地に咲き、花好きなら誰もが憧れる花を30年以上追い求めた成果の集大成。各種に、ヒマラヤトレッキングに訪れる際にはぜひ見てみたい大判写真のベストショットを掲載。園芸関係者にもおすすめ。

ご一緒にどうぞ
原種の花たち1 チューリップ

この本の特長
・研究やネーチャーツアーに中国奥地やヒマラヤを訪れる際の参考資料として最適
・種が発見にまつわるエピソードや分類の変遷など、興味深い話題が満載
・写真はすべて著者本人が現地ガイドの案内などにより実際に訪れて確認し、撮影したもの
・2006年に大場秀章博士(植物分類学、東京大学名誉教授)と共著で研究書『ヒマラヤの青いケシ』(山と溪谷社)を刊行。その後の研究の進展を反映。
・シリーズ1巻「チューリップ」同様、園芸植物とされながらも原種として原産地で咲く美しさを追求。

この記事へのコメント