7月31日発売|わさびの日本史

7233-5LS.jpg

わさびの日本史

山根京子/著
四六判 272ページ
定価(本体2,500円+税)
2020年7月31日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

和食で使われる野菜といっても、日本発祥の植物はごくわずか。日本の野生植物からうまれた数少ない食材の一つが、ワサビです。DNA解析を駆使する理系女子が『群書類従』など歴史資料に手を伸ばし、栽培ワサビの起源に迫ります。

目次
はじめに すべてはここから始まった
1. 人類史以前のワサビ
 DNAでわかったワサビの来た道
 中国・雲南省の旅
 残された多くの謎
2. 昔の人は、ワサビをどのように食べていたのだろうか?
 室町時代以前
 最大のターニングポイント──室町時代
 安土桃山時代以降──戦国の世から安定の時代へ
3. ワサビの謎
 謎の壱 戦国三英傑はワサビを食べたのだろうか?
 謎の弐 徳川家康とワサビの運命的な出会いとは?
 謎の参 江戸初期、ワサビはどのように使われた?
 謎の肆 「握り寿司にワサビ」が定番になった訳は?
 謎の伍 日本全国津々浦々にワサビが定着した理由とは?
 謎の陸 昔のワサビはどのような形をしていたのだろう?
 謎の漆 栽培ワサビの起源地は?
 謎の捌 神宿る山にもう一つの栽培起源地が?
 謎の玖 誰も知らない「かちかち山」とは?
 謎の什 日本でワサビ食文化が定着したのはなぜ?
 最後の謎 どうなる? ワサビの未来

おわりに
追記 ここからはじまるワサビの物語

この記事へのコメント