北極と南極〜生まれたての地球に息づく生命たち



北極と南極
生まれたての地球に息づく生命たち


田邊優貴子/著
200mm×225mm 並製 120ページ
本体2,400円+税 2015年8月10日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

研究者が見た北極・南極の世界とは? 新進気鋭の極地研究者が実際にフィールドで見て、感動した極地の生き物たちを紹介。北極に広がるお花畑、南極の氷の上を闊歩するペンギン、氷に閉ざされた湖底に広がる森など極地ならではの美しい世界をたっぷりと紹介した一冊。

続きを読む

シカの脅威と森の未来〜柵による植生保全の有効性と限界



シカの脅威と森の未来
柵による植生保全の有効性と限界


前迫ゆり・高槻成紀/編
AB判 112ページ オールカラー 本体3,000円+税 2015年8月3日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

増えすぎたシカへの対応のために、各地でシカ柵が設置され、多くのデータが蓄積されてきた。それは、作の効果を検証するにとどまらず、日本の植生を浮き彫りにし、また生態系の中でのシカの役割を解き明かすものになっていたのだった。
効果的な対策のために、日本列島の森林とシカの「今」をまとめた一冊。

生きもの好きの自然ガイド このは No.10|光る生きものはなぜ光る?

7389-9LS.jpg

生きもの好きの自然ガイド このは No.10
光る生きものはなぜ光る?
ホタル・クラゲからミミズ・クモヒトデまで

大場裕一/著
AB判 112ページ 定価(本体1,800円+税)
2015年7月24日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

世界にはどんな光る生きものがいるのか? 彼らはどういう仕組みで光っているのか? 光の役割とは?
ホタルやクラゲ、ホタルイカといった身近なものから、きのこやヒトデ、ミミズまで、光る生き物の魅力と生活、観察のコツを写真とイラストを使って紹介。

続きを読む

地図でわかる樹木の種苗移動ガイドライン



世地図でわかる樹木の種苗移動ガイドライン


津村義彦・陶山佳久/著
B5判 176ページ 定価(本体5,500円+税) 2015年6月6日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

種苗産地と植林先の関係を知るために必要な、重要樹種43種の遺伝的地域性を地図に明示
樹木にかかわるすべての事業に必須の一冊

異なる地域由来の苗の植林は、天然林の衰退を招くおそれがある。それを防ぐため、移動可能範囲を遺伝子解析により明らかにした。健全な森林をつくり、守るために必携の資料集。

サンプル見本
種苗1.png

生きもの好きの自然ガイド このは No.9|世界のフクロウがわかる本



生きもの好きの自然ガイド このは No.9
世界のフクロウがわかる本
とっておきの100種


柴田佳秀/著 アマナイメージズ/写真
AB判 128ページ 定価(本体1,800円+税) 2015年4月27日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

大人気!!フクロウ100種を紹介したガイドブック
子どもから大人まで大人気のフクロウ類ガイドブック。狩り、子育てなど貴重な生態写真を多数使って日本と世界のフクロウ100種を紹介。形態・生態といった基本は、写真とイラストを使ってわかりやすく解説。写真集としても十分に楽しめるほどクオリティの高い作品を多数収録。

サンプル見本
フクロウ1.png
フクロウ2.png