生きもの好きの自然ガイド このは No.7|コケに誘われコケ入門

7386-8LS.jpg

生きもの好きの自然ガイド このは No.7
コケに誘われコケ入門

このは編集部/編
AB判 112ページ 2014年3月12日発売
定価(本体1,200円+税)
Amazon Kindleで買う富士山マガジンで買うhontoで買う
紙版をご希望のかたは新訂版をお求めください。

「このは」は、人と生きものと自然をつなぐ新感覚の生きもの情報誌
コケの生活史や分類、観察のコツと必要な道具、採集や標本作りのノウハウ、園芸や鑑賞、日本各地のコケの森と苔庭、グッズ、本など、コケのすべてを写真とイラストで紹介する入門ガイドの決定版。知っておきたいコケ50種の写真図鑑付き。NHKスペシャルの担当者によるダイオウイカ撮影の裏話も収録。

サンプル見本ページ

生きもの好きの自然ガイド このは No.6|冬鳥がわかる。

7385-1LS.jpg

生きもの好きの自然ガイド このは No.6
冬鳥がわかる。

このは編集部/編
AB判 112ページ 定価(本体1,200円+税)
2013年12月10日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う
デジタル版(富士山マガジン)デジタル版(honto)

日本が寒気に包まれる冬、もっと寒い北の国から渡来する冬鳥。渡りのメカニズムをイラストで図解し、冬鳥の見分け方や観察のコツ、冬の風物詩として有名なガンカモ、ハクチョウ、海ワシの生態をグラビアで紹介。冬の鳥見ポイントも53か所を収録。巻末には旬野菜の花の図鑑付き。

サンプル見本ページ

生態学者が書いたDNAの本




生態学者が書いたDNAの本
メンデルの法則から遺伝情報の読み方まで


井鷺裕司・陶山佳久/著
B5判 200ページ 定価(本体3,200円+税) 2013年10月4日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

メンデルの法則から遺伝子のしくみとそのはたらき、さらには最先端の解析機器でわかることまで簡明に紹介
この10年ほどの間に急速に発展した解析技術によって、DNAの解読は飛躍的に進んだ。それがもたらしたのは、稀少生物の繁殖計画から生物の歴史の復元までに役立つ強力なツール。それを使ううえでも知っておきたいDNAの基礎知識から解析方法の基本、得られたデータの読み取り方まで、明快に解説。

サンプル見本ページ

生きもの好きの自然ガイド このは No.5|魅せる紅葉

7384-4LS.jpg

生きもの好きの自然ガイド このは No.5
魅せる紅葉

このは編集部/編
AB判 112ページ 定価(本体1,200円+税)
2013年9月10日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

紅葉・黄葉のしくみをわかりやすく図解。紅葉する樹木45種、草・コケ・シダ31種、モミジとともに観察できる野鳥30種、鳴く虫26種、草花25種を収録。紅葉の絶景グラビアや紅葉狩りの歴史、紅葉シーズンにおすすめの植物園展示ガイドもあり、日本の紅葉が美しい理由がスッキリわかる本。身近なハエトリグモ24種の識別ガイド付き。

電子版(デジタル版)のお求めはこちら
アマゾン Kindle富士山マガジンhonto

サンプル見本ページ

生きもの好きの自然ガイド このは No.4|森と海をつなぐ川の住人



生きもの好きの自然ガイド このは No.4
森と海をつなぐ川の住人


このは編集部/編
AB判 112ページ 定価(本体1,200円+税)
2013年6月10日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

「このは」は、人と生きものと自然をつなぐ新感覚の生きもの情報誌
「このは」No.4では、川の健康状態や自然度を表すイトウ、カワガラス、オオサンショウウオ、カワトンボといった代表的な生き物の生態を美しい写真と共に解説。川と森の生物多様性や絶滅危惧種になったウナギ、絶滅のおそれがある水草など、読み応えの十分の記事も収録。巻末には磯で見られる魚やエビ、カニなどの観察ガイド付き。