スミレハンドブック

1077-1LS.jpg

スミレハンドブック

山田隆彦/著
新書判 104ページ 定価(本体1,400円+税)
2010年3月9日発売
Amazonで買う文一総合出版で買う

日本に自生するスミレ全種と、ほぼすべての亜種・変種、見ておきたい品種など107種を紹介。花の正面、横面、葉などの部分アップ約400点に及ぶカラー写真と比べながら見分けられる。花色別一覧、日本のスミレリストも掲載。

サンプル見本
1077-1_040-041.jpg


担当編集者の裏話
もうすぐスミレの花咲く季節がやってきます。
スミレといっても亜種や変種・品種まで含めると200種類以上もあるそうです。しかし、身の回りで見られるのは数種類から多くて10数種類ぐらいのものでしょう。それでもスミレは小さくてよく似ていて、最初は何の種類かなかなかわかりにくいものです。
名前を知りたくても小さな野草図鑑ではよくわからないし、かといって詳しいスミレ専門図鑑まで買う必要はない、という方のためにオススメなのが、スミレハンドブック
40年以上も日本全国のスミレを訪ね歩いたという著者がまとめただけあって、豊富な写真と特徴をよくとらえた解説がわかりやすい図鑑です。主な種類には、生態・花の正面・花の側面・葉・分布図がセットで掲載されていて、フィールドで自分の場所を確認し、あとは実物と写真を見比べながら種類を見分けます。
スミレは雑種や変異が多いので、記述に当てはまらないものもあるかもしれませんが最初はそれらをとばしながらドンドン調べていくことが、早くスミレを覚える秘訣です。
ぜひ、今年は「スミレ」に挑戦してみてはいかがでしょう。
(編集担当:TK)

"スミレハンドブック"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: